新型コロナウイルスの影響で経営が悪化した中小企業向けに昨年5月に県が創設した制度融資「新型コロナウイルス感染症対応資金」について、県は融資の限度額をこれまでの4千万円から6千万円に引き上げた。融資の申し込みは3月末まで。


 コロナ禍で売り上げが大幅に落ち込んだ中小企業や個人事業主などが対象。3年間無利子で保証料も免除される。今回の引き上げは、新型コロナの影響の深刻さを踏まえた国の方針を受けた措置。既に限度額の4千万円の融資を受けている事業者は、手続きをすればさらに2千万円を上限に融資を受けられるという。

 また県は、借り入れ8千万円までの保証料をゼロとする「危機関連融資」の期間を延長。1月中の融資実行までとしていたが、3月中の申し込みまでに変更した。

新型コロナウイルス感染症対応資金


飲食店向けコンテンツの記事一覧

登録はこちら(掲載無料)

その他のお問い合わせについては、お問い合わせフォームよりお願いします。